www.ecclesia-sj.org

本日は為替の市場というものの基本内容とは何かについてのお話です。為替取引というものは「目の前で持ち金の送付をしなくても金銭の受け渡しの意図を為し遂げるもの」を指します。日常的に為替は国際為替について言い表す人が普通です。国際為替というものは二つの国の金のやり取りを示します。海外旅行(マレーシア、アメリカなど)などした経験があるならば確実に外国の為替の体験をしたことがあると思います。銀行の窓口にて他の国の通貨へ取り替えをしたらそれが為替になると思います。為替相場とは何かと言うと買おうと思っている人と売りたいと思っている人の金額を表示するものです。銀行同士の取引によって確定されるものです。その銀行がマーケットメイカーと言われる世界中で指定されたいくつかの銀行です。為替レートは周りからの力を受けて休むことなくみるみると変動して行きます。為替のレートを動かして行く原因になるのは、ファンダメンタルズというものが考えられます。ファンダメンタルズとは経済情勢、経済の基礎や条件のことを表します。その国における経済成長や景気の状態、物価の指数、金融緩和政策、国際収支統計、失業者の割合、有力者の発言などのことによって為替の相場は変動して行きます。特に経常収支や失業率は重大と考えられます。国際収支統計とは何か、日本でいうと財務省の命令で日本銀行が通関統計をベースとして取りまとめた外国とのある日数の貿易を記録したものです。貿易収支は行政機関や日銀のホームページ等で見ることができます。雇用統計、失業者数も重要ポイントとなる場合が多い一因であると言われます。とりわけアメリカ合衆国の労働者の統計は影響を与えます。月一で提示され、検証対象が幅の広いことが大事なところです。為替の相場の状況は経済自体の動向と言えるでしょう。各国の経済の変動を見ることで為替のレートの変化の見極めが可能となると言えるのです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ecclesia-sj.org All Rights Reserved.