www.ecclesia-sj.org

普通の経験の浅い方向けの外為取引の教科書では、「差損が生じた場面ではナンピンによって、全体の平均の価格を抑える事ができる」等アドバイスしていたりしますが、正直に言うとそれには相当の危険性があると思います。ナンピンのやり方について述べておきます。仮に1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いのため円安に進むほど儲けが大きくなるわけですが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高ドル安が進んでしまったとします。このままの状態で保持し続けたとしたら損がなくなるまでには損した分、円安に向わなければなりません。誰もが、損は早急に無くしたいと考えるでしょう。そのため最初に売り買いしたのと同じ量のドルを95円で買い増します。すると、ポジション全体の平均の価格は1ドル=97.50円まで低くすることができる。すなわち、2円50銭の幅でドル高に進めば損を取り戻す事が出来ます。この流れがナンピン買いの原理です。ナンピン買いの手法を聞くと、「確かに」と思ったりするが、マーケットはそう易々と思った通りにはなりません。元々、1ドル95円以下にならないとは誰にも分かるわけがありません。例として、市場が強いドル安の流れだったら1ドル=95円ではとどまらず一段のドル安になる可能性は高いです。一例として、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピン買いをした分についても赤字が生まれます。その状態では、初めに持ったポジションと合計で、2倍の損失が生じる事になります。例示したとおり、ナンピン買いは難解です。であるなら、為替が己の台本とは逆にどんどん進んだ場合どんなやり方で危険性を軽減すればいいのだろうか。そういう時には取るべき対策は2つ。最初のひとつは潔く損を確定する事です。別の方法としては自分が持っている買いポジションを小さくする事によってもう一度マーケットが戻るのを何もしないで待機する事です。だいぶ主体性のない手法だと感じる人もいるでしょう。だがしかし、自分が保持しているポジションにマイナスが出た時一番効果のある対策はこの2つ以外にはないです。当然、理屈の上ではナンピン買いという術も有効です。だがしかしナンピン買いは、自身が損失を披っている状態にもかかわらず、買いポジションを小さくするどころか、それとは逆に買いポジションを重ねていく手段です。それでは、危険を管理することなど、できないと思うべきです。ナンピンを続けられればいつかは損失が回復するかもしれません。けれども、その前にお金が足りなくなってしまいます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ecclesia-sj.org All Rights Reserved.