www.ecclesia-sj.org

一般的な初心者用のFX取引の本では「損失を被った場面ではナンピン買いをして、全体の平均の買い付けコストを下げることができる」等と説明されていると思いますが実際はそれは危険性があります。ナンピン買いのロジックについて説明しておきます。ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。ドル買いということで、円安になればなるほど利益が出るわけですが、反対に1ドルが95円まで円高方向に触れたとします。このままの場合保持し続けたとしたら、利益がでるためには、損した分、円安ドル高に動かなければなりません。誰もが、赤字はなるべく早く無くしたいと願うだろう。この状況を打破するためはじめに売り買いしたのと同じ分の$を買い増します。すると、ポジション全体の買い付けコストは97円50銭まで安くする事が出来ます。つまり、2.50円の幅で円安ドル高が進行すれば、マイナスを失くすことが出来ます。それが、ナンピン買いの手法です。このとおり、ナンピン買いの理屈をみると、「なるほど」という風に思うが外国為替市場はそう簡単には問屋を卸してくれない。1ドル95円以下にならないとは誰も分かるわけがありません。もしも、マーケットが強い円高地合だとすると1ドル95円では収まることなくドル安が進む可能性は高いです。たとえば、97円50銭でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安になったとしたらナンピン買いした分についても、損が生まれてしまいます。その状態では、初めにエントリーしたドルとトータルで、マイナスを被ることになる。例示したとおり、ナンピンは難解です。であるなら、為替が自らの筋書きとは反対の方向に進んだ場合どういった対応で危険性を避ければいいのでしょうか。こういう場合には選択できる術は限られています。まずひとつは潔く損切りをする事です。もうひとつの選択肢としては、保有しているポジションを減らす事で、再度為替相場が戻るのを何もしないで待つことだけです。ちょっと受動的な手段だと思う方もいるだろう。だけど、持っているポジションにマイナスが生じた場合、一番効果のある方法はこの2つ以外にはないです。確かに、理論上はナンピン買いするという対策もありえます。けれどもナンピン買いは自分か損をしている場面にもかかわらず、買いポジションを無くすどころか反対に買いポジションを積んでいく方法です。それでは、危険性を回避することなど、どこをどうやっても不可能だと考えたほうがいいです。ナンピン買いを続ければいつかは儲けが出るかもしれません。だけど、そうなる前にお金が足りなくなってしまいます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ecclesia-sj.org All Rights Reserved.