www.ecclesia-sj.org

為替の介入というのはご存知ですか?日銀が為替介入をして新聞記事、雑誌、報道番組、グーグル等の報道記事で確認した方もいるでしょう。元来為替介入(外国為替市場介入)とは日本では、◯財務大臣が為替相場の沈着を実現させるために使う手段と評価されています。簡潔に言うと、激しい円高または円安が起こると財務大臣の指令が出ると中央銀行である日銀が円を売り買いすることで為替の相場の安定性を狙うということです。為替の介入には方法があります。1.単独介入・・・行政または日本銀行が、東京市場で自主的に市場に参加して外国為替市場介入(為替介入)をする。2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談し、各々の銀行などがお金を用いて同じタイミングないし断続的に為替の介入を行なっていく。3.委託介入・・・国外の銀行などへ向けて為替介入を委任する。4.逆委託介入・・・日本銀行が他国の銀行などに代わり為替介入(外国為替市場介入)を遂行する。この通り種類です。どのケースの為替の介入も短期に、連続して市場に大きなインパクトを与えます。外国為替市場介入(為替介入)の資金はさすがに国の面子をかけているだけにスケールが大きいです。円を基本にしてみると、いつもはほんの少し変化する円レートが一気に数円ずつの動きをします。個人の投資家の人であれば一回は体験したと思うのですがそれまでスムーズに利益(あるいは損失)を増やしていたポジションを持続していたのだが、持っている持ち高が決済となりましたとの内容の報告がFX業者の人間の発信でEメールが来ました。どれだけ得したのかな(損益が出たのかな)?と考えながら決済された報告を確認したら自らが予想していた事と逆の結果になっていてびっくりしてしまうとのケースがよくあります。介入が実施された場合によくあることなのです。このように為替の介入が行なわれると、為替市場の動向と真逆の動きをするものです。なおかつ動く額の範囲はかなりでかく変化しますので気をつけましょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ecclesia-sj.org All Rights Reserved.